読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9

タイトルの候補になぜかこれがあった。なんだろう。

今日はスーパーでウィンドウショッピングをしていた。

ウィンドウショッピングはぼくの趣味だ。本屋でも、スーパーでも、雑貨屋でもいろいろな商品を見るのは楽しい。

野菜売り場では、マッシュルームが198円で売られていた。

安いなあと思ったので、ウィンドウショッピングをするつもりだったが、1袋を買うことにした。

その後、しばらく店でズッキーニやパッションフルーツ、珍しい形をした瓜など色々なものを見ていると、なんと店員がマッシュルームに半額の紙を貼り付けたのだ!

99円、その破格の値段に感動すら覚えたぼくは、勢いで3袋も同時に買ってしまったのだった。

マッシュルームは傘の裏が黒く開き始めると時間が経っている証拠(決して味は劣化しないが、早く食べないと崩れてしまう)らしいが、そのマッシュルームは全体的に傘の裏が黒く開き始めていた。あまり時間を置く事はできないので、冷凍も考えた。

3袋もどう消費しようかはしばらく考えたが、食べてどの程度減るかを考えてからにしようと家でバター醤油で炒める事にした。

すると、予想に反して一般的な寿司が盛れる程度の皿にマッシュルーム1袋分が収まってしまった。

味はやはりうまい。明日は何の料理をしようか、静かな楽しみが生まれた。