読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12

隣の家族連れの子供が、スプーンを落とした。

スプーンはぼくの方向へ飛んできた。ぼくは食べ物を口に運んでいる途中だったので、その方向を振り向きはしなかった。

食べ物を口に運んでから、音がした方向を見た。子供の姉が、スプーンを取るために立ち上がり始めていた。

ぼくはスプーンを取ろうかと思ったが、子供の姉がスプーンを取るためにすでに立ち上がっている。わざわざ取りにいっても明らかに彼女よりは遅くなってしまうだろう。邪魔をするかもしれない。だから、ぼくはそれを取らなかった。

結果的に、ぼくはスプーンをただ睨んでいるだけになってしまった。それを家族も見ていた。

どうにもここでひどい罪悪感を感じてしまうのが、良くも悪くもぼくをぼくたらしめる原因らしい。